© ブラックスワン株式会社 All Rights Reserved

DESIGNER 

上原 彩希  

saki uehara

(旧上原コペル この度改名)

  幼少期より縫製士である母親により洋裁を学び、映画「ティファニーで朝食を」を観て

大きな影響を受ける。

文化服装学院に入学後、デザイン科を専攻するが、学校指定の人体見本である

トルソーの原型肩線に疑問を抱き、独自に現代女性を対象とした体型研究を始める。

年齢による女性の体型変化、骨格分析、など、

一人一人に違った特徴が個性であるという考えのもと、

女性の身体と衣服の関係を学び、シルエットに焦点を当てた独自の洋服哲学を構築。

その後、オーダー服の道に進む。

仕立て屋にてアシスタント・顧客窓口として接客を担当し、

メジャリング技術を習得。個人に合わせた洋服の在り方をより深めていく。

​2013年自身の制服用に製作したシンプルなブラックドレスが評判となり、

2015年自身初となるオートクチュールブランドを南青山にてスタート。

2018年とあるテキスタイルとの出会いにより、ストレッチなどの高機能生地に特化した

洋服作りを同時に​はじめる。

2019年9月新たに既製服ブランド・ショップSAKI・UEHARAを南青山にオープン。

​3 commitments

​シルエット

あなたにとって最適な洋服のシルエットを提案

ボディライン・デコルテを美しく見せるシルエットにこだわり体型をより良く見せるためのこだわり抜いた技術を届けます。

​メジャリング

あなたにとって最適なサイズをご提案

一人一人に違った特徴を持つ身体に合わせ、丈・ゆとりなどを実際に着用頂きながら

調整します。

​デザイン

オートクチュールで培った

デザイン技術に動きやすさを加え、シンプル・快適・エレガントを軸に女性の身体を美しく見せるデザインを展開。

​今を生きる多くの女性の支えとなって欲しいと願います。