『私らしい』を見つける

  5つのシルエット

SAKI・UEHARAでは、一人ひとり、違った特徴を持つ身体

こそ個性だと考えています。

 

より個性を発揮できる洋服をお楽しみいただけるように。

サイズを元に洋服を選ぶ従来の考え方ではなく、

個性を引き出す5つのシルエットから洋服を選ぶことで、

全身のトータルバランスを整え、

第一印象からあなたらしさを表現することに努めます。

 

流行(トレンド)だけではなく、

私に似合う洋服を着ていたい。

サイズに悩まされたくない。

私を最も魅力的に見せる洋服が着たい。

そんなあなたへ

一人ひとりの美しいシルエットにあわせた

『知る・着る・直す』 3つのアプローチ

SAKI・UEHARAでは、人それぞれに美しいシルエットが存在すると考えています。

 

その美しいシルエットを独自の理論に基づいて解明し、あなたの魅力を最大限に引き出すため、SAKI・UEHARAでは「知る・着る・直す」の3段階に分けたサービスを展開しています。

 

まずは自分自身の魅力を見つめ直して、似合うを“知る”。

その自分への理解をもとに、美しさを“着る”。

そして、本来の美しさを引き出せるように ワードローブにある洋服を“直す”。

 

あなたの本来の良さを最大限に引き出した第一印象や、

はっとするような美しさにスポットライトを当てるために。

3つのアプローチで、あなたの美しさを一歩先へと導きます。

SAKI・UEHARA 3つのサービス

あなたのチャームポイントを知る

クチュール・フィット・コンサルティング

I'm a title.

独自のメソッドによって分類された5つのシルエット。

SAKI・UEHARAでは、オリジナルのコンサルティングを通じて、あなたの身体を分析します。

シルエット分析・フィッティング・個性を活かすための個人カルテの作成に至るまでの1.5時間に行うことは、ただまっすぐあなたの身体と向き合うこと。

骨格診断や体型分析ではないので、サイズを測ることは一切しません。

 

まずは、ご自身の本来のシルエットを探しに、

お気軽にお越しください。

 

所要時間:約1時間30分 料金:5,000円(税別)

あなただけの1着に仕立て上げる

スタイルアップ・クチュール

SAKI・UEHARAの洋服は、デザイナー上原がオートクチュールで培ったデザイン技術をもとに、1人ひとりの身体と洋服を限りなくフィットさせる、他にないサービスです。

 

シンプル・快適・エレガントを軸としたオリジナルアイテムは、掛かっているだけでは未完成。あなたが試着をすることで初めて洋服としてのスタートラインに立ちます。女性の美しさを引き出すパターンから生み出された洋服を実際に着用し、隅々までサイズ調整をし、あなた本来の美しさを引き出す唯一無二の1着が出来上がります。

 

手にとったときよりも、実際に着用することで一番美しくなる服を。

他にない着心地と、鏡を見る度に高揚感が味わえる、オートクチュール仕込みのクリエイティビティーがここにあります。

 

【展開アイテム】

ワンピース トップス ジャケット スカート
パンツ コート(季節) カーディガン(ロング・ショート) etc.

プロ目線でのサイズ提案を行う

手持ち服のマイサイズお直し

体型の変化や年齢に伴って袖を通す機会が減ってしまう一番の原因は、サイズ感。SAKI・UEHARAでは、そのお悩みを解決できるオリジナルのお直しをご提供しています。

 

一般的なお直しとの違いは、オートクチュールの経験があるデザイナー上原によるプロの着眼点。あなたの希望を聞くだけではなく、実際にフィッティングをしながらトータルシルエットや魅力の引き出し方を探り出し、細部にわたるまでサイズ提案を行います。

 

気になっていたボディラインさえも美しく見せるサイジングで、眠っていた洋服をお気に入りの一着に。

初めてご来店の方も、ぜひお気軽にご相談ください。

表参道サロン

表参道の小さなサロン

東京都港区南青山3-18-4ブライト南青山102

TEL:03-6455-5823

東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線

表参道駅A4出口より徒歩3分

DESIGNER 

上原 彩希  

saki uehara

  幼少期より縫製士である母親により洋裁を学び、

映画「ティファニーで朝食を」を観て大きな影響を受ける。

文化服装学院に入学後、デザイン科を専攻するが、学校指定の人体見本である

トルソーの原型肩線に疑問を抱き、独自に現代女性を対象とした体型研究を始める。

年齢による女性の体型変化、骨格分析、など、

一人一人に違った特徴が個性であるという考えのもと、

女性の身体と衣服の関係を学び、シルエットに焦点を当てた独自の洋服哲学を構築。

その後、オーダー服の道に進む。

仕立て屋にてアシスタント・顧客窓口として接客を担当し、

メジャリング技術を習得。個人に合わせた洋服の在り方をより深めていく。

​2013年自身の制服用に製作したシンプルなブラックドレスが評判となり、

2015年自身初となるオートクチュールブランドを南青山にてスタート。

2018年とあるテキスタイルとの出会いにより、ストレッチなどの高機能生地に特化した

洋服作りを同時に​はじめる。

2019年9月新たに既製服ブランド・ショップSAKI・UEHARAを南青山にオープン。

© SAKI・UEHARA All Rights Reserved.